子供の学校での写真はどう残していけばいいのか

子供の写真の残し方とは

子供の写真というのはその瞬間にしかない顔があるのでずっと撮って残しておきたいと思いますよね。小さいうちは親のそばにいるのでいつでも写真を残すことはできますが、そうではなく学校などに通うようになったらなかなか写真は撮れないですよね。学校で学んでいる姿などは授業参観の際でも写真は撮れないので目に焼き付ける形になります。なので、学校に行き始めると、学校行事などで写真屋さんが撮ってくれるものを買うしか機会がなかなかありません。

学校行事の際の写真は

学校行事の写真は、プロが撮ってくれていますし、集合写真以外にも個人で色々とバランスを考えて撮ってくれますのでイベント事があった時は沢山写真を買うことがあります。張り紙などに貼られて、その中から自分がいいと思った写真を買うというスタイルになります。これが親にとっては楽しみの一つになるでしょう。それ以外学校での写真は、運動会などの行事位でしか撮れないのが残念です。なのでプライベートの時に沢山写真を撮って残しておきましょう。

写真は将来のお宝になる

子供の成長はあっという間です。子供の時の顔というのは二度と戻らない顔です。面影はあってもその時のリアルな顔を残しておくものは写真や動画だけです。なのでできるだけ多く残してあげましょう。それは親のエゴになるのかもしれませんが、将来その写真や動画が必要になる時がくるかもしれません。その時に沢山あった方が嬉しいですし、子供も親に思われていたんだと感じることができる道具でしょう。そういう面でも写真はとても貴重ないわばお宝でしょう。

誰もが思い出として持っている学校写真。入学式、卒業式、遠足・・様々なイベントを写真として残します。見るだけで、その当時の感情・におい・音などが脳裏に過ぎる楽しみがあります。